トップ

お茶でむくみを改善

足のむくみの原因について

足がむくむ人とそうでない人

体に「むくみ」があると、体重が多いわけでもないのに太ったように見えてしまいます。女性にとっては致命的です。では、どうしてむくんでしまうのでしょうか。

むくみを解消してダイエットにおすすめのお茶ならこちら。

「むくみ」とは、何らかの理由で静脈の血流やリンパの流れが滞り、水分が溜まってしまった状態です。原因としては水分や塩分の摂り過ぎ、寝不足やストレス、冷えや運動不足が考えられます。顔や腕のむくみなら、原因さえ解消すれば比較的早く元通りになりますが、足のむくみは長引く傾向にあります。

足まで行った血液は、重力に逆らいながら心臓へ戻ろうとします。その時にポンプの役目を果たすのが「ふくらはぎ」です。けれども、運動不足によって筋力が低下すると、この働きが弱くなってしまい、血流やリンパの流れが滞ってしまいます。特に足は冷えやすいので余計に血流が悪くなりがちです。

足を動かさずにいると、水分や老廃物が下半身に溜まりやすくなります。立ち仕事の人はもちろん、座り仕事の人でも同じです。そのうえ、ハイヒールやブーツなどの足を締めつける靴を履いていると、なおさら血行を悪くします。女性は男性よりも筋力が弱いので、むくみやすいと言えるでしょう。

ダイエットも足をむくみやすくします。体重を減らすために食事を制限すると、たんぱく質の摂取量が減って、ふくらはぎなどの筋肉量が減ってしまうからです。また、このような食生活は自律神経のコントロールを乱し、代謝を向上させる交感神経を活性化できません。その結果、ますます足がむくんでしまうのです。

ただし、あまりにもむくみがひどいようなら、病気の可能性も考えられます。例えば腎臓や心臓、肝臓などです。その場合は病院で診察を受けた方が良いでしょう。異常があれば尿検査の数値に反映されます。

Copyright © 足のむくみの原因について. All rights reserved.